ハイドロキノンの副作用・注意点は?【知らないと怖い!?】


日本ではハイドロキノンは

まだそれほど有名ではありませんが、

海外では

”美白といえばハイドロキノン” なのです。

シミの治療としても広く使われています。

 

日本でも少しずつハイドロキノンが話題となり、

多くの人々に使用されるようになりました。

 

実は、

ハイドロキノンは副作用が出てしまうことがあるので

これまで、日本の化粧品には

使われて来ませんでした。

 

しかし2001年の薬事法の規制緩和で

初めて化粧品にハイドロキノンの使用が

許されるようになりました。

 

規制緩和されたとはいえ、

やはりハイドロキノンの副作用は

気になるところですよね。

 

ここでは、ハイドロキノンの副作用について

お伝えして行きます。

 

ハイドロキノンの副作用は?

ハイドロキノンは

その効果が高いことから、

副作用などの危険性があるので、

使用には注意する必要があります。

 

肌の炎症・赤みがでる

ハイドロキノンが体質に合わない場合や

古くなって、劣化したものを使う時に

起きやすい副作用が、

肌の炎症や赤み。

 

ハイドロキノンは安定性が悪く、酸化しやすいです。

酸化した際に発生するベンゾキノンという成分が

肌に刺激が強く、ダメージを与えます。

 

ハイドロキノン入りのものを手に入れたら

まず、パッチテストを行いましょう!

 

体質に合うかどうかを確認してから

使用するようにします。

 

また、

使用期限の過ぎたものや、

酸化して茶色く変色したものは

絶対に使用しないようにしましょう!

 

その他にも注意点が。

ハイドロキノンには「濃度」があり、

濃度が高いものは

それだけシミにも効果があります。

 

しかし、肌の深い所まで入りやすいので、

赤くなったり、炎症をおこす可能性もあります。

その商品ごとの

使用上の注意点を必ず守りましょう。

 

シミが悪化する

ハイドロキノンは

紫外線を浴びるとシミを濃くしてしまう

という性質があります。

 

そのため

基本的には日中は使用しません。

夜、寝る前に使うことが一般的でしょう。

 

もしも、

昼間も使用するタイプだったら、

紫外線対策は必須。

紫外線対策を行なわずにハイドロキノンを使うと

余計にシミが大きくなって、

悪化してしまいます!

 

ハイドロキノン入りの化粧品を使う時は

日焼け止めクリームなどを塗って

紫外線対策を万全に行いましょう。

 

白班(はくはん)

ハイドロキノンは、

濃度の高いものを長期間使用し続けると

塗ったところが期待した以上に

白くなってしまうということがあります。

 

高濃度のハイドロキノンを使う時は

シミが薄くなった時点で使用を終わりにします。

 

長期間の使用はやめた方が良いと

覚えておいてくださいね^^

 

 

ハイドロキノンの注意点 まとめ

ハイドロキノンの濃度

濃度が高いものは、肌への負担は大きくなります。

 

2%~5%程度の濃度のものを選ぶか、

高濃度のものなら

使い方をしっかり守りましょう!

 

日中の紫外線対策

ハイドロキノンを付けている時は

「日焼け止めを付けずに海に行くようなもの」

だそうです。

それほど危険な状態でもあります。

 

紫外線の影響を受けやすいので

使うのは、夜のみ。

 

日中にハイドロキノンの化粧品を使う場合は、

必ず日焼け止めをつけ、

紫外線から肌を守りましょう。

 

酸化しやすい

ハイドロキノンとは、

とても酸化しやすい成分です。

酸化したハイドロキノンは

肌に刺激を与える可能性があります。

 

開封後はできるだけ早く、

1ヶ月程度で使い切るようにしましょう。

もしも1ヶ月で使い切れず、残ってしまったら

もったいないですが、

お肌のために使用をやめましょう(+_+)

 

正しく使用する

ハイドロキノンは

高い効果が期待できる分、

副作用も報告されています。

 

それだけ、

「慎重に扱った方が良い」

ということですね。

むやみに塗ってはいけません!

 

安全性が気になる方は

濃度の低いものから試してみてください^^

正しい使い方と塗り方をすれば、

副作用は出ないので、ご安心を!

 

しっかりと良い効果を出すためにも、

製品ごとの注意書をきちんと守り、

正しく使用することが一番重要です。

 

―――

管理人おすすめのハイドロキノン入りの

シミ取り化粧品はこちら。

↓ ↓ ↓

アンプルールのラグジュアリーホワイトシリーズを実際に使った口コミ!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ゆいまるの自己紹介

ゆいまると申します。

現在二児の母で、ただいま妊活中。

妊活をする際に大事なことや

妊娠した際に役立ったこと等を、
自分の経験等から

お伝えして行けたら、と思います。

妊娠・妊活

このページの先頭へ