ウォーターサーバーを設置するときに

気になるのが、

”ウォーターサーバーの維持費”ではないでしょうか?

 

ウォーターサーバーを取り入れると

どの道かかってくるのが、維持費。

 

ここでは、ウォーターサーバーの

維持費について考えていきましょう。

 

ウォーターサーバーの維持費は?

ウォーターサーバーの維持費とは、

ウォーターサーバーのお水以外にかかる費用の事です。

 

電気代とか、メンテナンス費用の事ですね。

 

ここは、なるべくなら削りたいところです。

毎月・毎年かかる費用なので

長い目で見ると維持費もバカになりません。

 

なので、出来るだけ維持費を掛けないウォータサーバーを

初めから選んでおくことをおすすめします。

では、どのくらい

ウォーターサーバーの維持費がかかるのでしょうか?

 

ウォーターサーバーの維持費はどのくらい?

通常、ウォーターサーバーはどれも

電気代が同じようにかかります。

 

一般的な電気代は毎月1000円前後です。

 

安いもので350円位からありますが、

これは電気代を抑えるタイプの機種です。

 

そのような特殊な機種を除けば、

だいたい、1000円前後だと思っていてください。

常にお湯を高温にしておく必要があるので

どうしてもその位かかってしまいます。

 

機種ごとの安い電気代ランキング

下の表はメーカー公式電気代の安い順です。

 

1位:フレシャス・デュオ
フレシャスデュオ330円~

 

2位:アクアクララアドバンス
アクアクララアドバンス 約350円~

 

3位:フレシャススラット
フレシャス・スラット 380円~

 

4位:うるのん・ウォーターサーバーGrande 390円~

 

5位:コスモウォーターsmartプラス
コスモウォーター 465円~

6位:フレシャス dewo mini 約490円

7位:フレシャス サイフォン ショートタイプ 700円

7位:アクアクララ アクアスリム 700円~

7位:クリクラミオ・床置きタイプ 700円~

7位:サントリー ウォーターサーバー 700円~

7位:イワタニアイコレクト 約700円

12位:ハワイウォーター 約800~

13位:キララ スマートサーバー 808円~

14位:プレミアムウォーター スタンダード 900円~

15位:クリクラサーバーL 平均1,000円~

16位:エフィールウォーター 1,000円前後

16位:アルピナウォーター 約1,000円

18位:うるのん・スタンダードサーバー 1,500円 ‐

 

以上が、電気代の安いサーバーランキングでした。

電気代のみの安さで、他の費用(水代、サーバー代等)は

考慮していません。

 

これらはエコモードなどが付いていることが多いです。

使わない時には温度を70度ほどに下げる機能を

常に作動させた状態になります。

 

「電気代が安い=維持費が安い」ではない!

これらを調べている感想ですが、

電気代が安いことと、月々にかかる費用が安いことは

イコールでない気がします。

 

電気代が安い機種ほど

サーバー代が高かったり、お水代が高いので

結局のところ、トータルでは高くなってしまうのです。

 

サーバー代が高くなってしまうのはなぜかと言うと、

エコモードなどの最新機能を付けるため

それまでの機種よりも製造コストが

多くかかっているからでしょう。

 

一見、エコで良いように見えても

水代・サーバー代・維持費で見ると

逆に高くなってしまう場合もあるので

総合的に判断する必要があります。

 

なので、結論としては

「電気代の安さでウォータサーバーを選ばないこと」

をおすすめします。

 

一番おすすめなのは?

ウォータサーバーはたくさんの種類があるので、

何を重視するかで決まります。

 

例えば、

最安値でウォータサーバーを使いたい方。

とにかく安くウォーターサーバーを設置したい!

と言う方は、

こちらの記事をお読みください。

↓ ↓ ↓

最安値!!最も安いウォーターサーバーは?料金比較!

 

他にも様々な目的別の選び方があるので

参考にしてみてくださいね^^

↓ ↓ ↓

ウォーターサーバーの正しい選び方!目的別に選ぼう【保存版】

 

 

やっぱり電気代を節約したい!

電気代を節約したい方には

必要な時だけ沸かすタイプもあります。

上のランキングのものとは違い、

保温されず、常に常温。

 

必要な時だけ沸かすので、

電気ケトルのウォータサーバー版という所です。

↓ ↓ ↓

必要な時だけ沸かす、天然水【富士天然水】

 

ただ、普通のサーバーと違って

お湯がすぐに出てこないのが難点。

 

 

 

どのウォータサーバーにもメリット・デメリットがあります。

それぞれの特性を良く知ったうえで契約しましょう。

 

 

完全に無料でお試しできる会社もあります^^

↓ ↓ ↓

ウォーターサーバーを無料でお試しできる?!