葉酸と相性が悪いのは?飲み物・薬に注意!


 

葉酸は、赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素ですが、

一緒に摂るものによっては、

葉酸の効果をないものにしてしまうことがあります。

 

葉酸と相性が悪い食ベ物・飲み物・薬

葉酸の吸収を抑えたり、

葉酸の働きを弱める事があります。

 

カフェイン

葉酸と相性が良くない飲食物の中に、

カフェインがあります。

カフェインには利尿作用(尿を促す作用)があり、

摂取した葉酸が排出されてしまうのです。

 

なおカフェインは、コーヒーに豊富に含まれていることが有名ですが、

栄養ドリンクや緑茶、抹茶、ココア、コーラ、ウーロン茶などにも含まれます。

カフェインの摂りすぎで、

せっかく摂取した葉酸がほとんど失われる可能性もあります。

 

アルコール

次にアルコールも葉酸と相性が良くありません。

適量の摂取ではあまり問題ないと言われていますが、

お酒を頻繁に、大量に飲む方の場合は

葉酸の吸収が妨げられると考えられています。

妊娠中や授乳中の方はアルコールを飲まないので、心配ないでしょう。

 

薬の中にも飲み合わせの悪いものがあるため注意が必要です。

特に、てんかんの治療に使われる薬(抗てんかん薬)は、

葉酸を消費するため、気をつけていても

葉酸不足になる可能性があります。

 

このほか、解熱鎮痛剤や、痛み止め、

抗生物質のクロラムフェニコール、

睡眠薬のバルビツールなどは、

葉酸の吸収を妨げたり、

薬の働きを弱める可能性があります。

服用している薬の効果を弱めたり、

治療効果が得られない場合もありますので、ご注意ください。

 

服用中の薬がある方は、

お医者さんに相談されると安心です。

 

関連記事:

妊娠中、葉酸を過剰摂取すると副作用が出る?【摂りすぎ危険!】

 

サプリメントと薬の違いは?摂りすぎると危険?!

 

サプリメントを水道水で飲んではいけない?!効果が無くなるってホント?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ゆいまるの自己紹介

ゆいまると申します。

現在二児の母で、ただいま妊活中。

妊活をする際に大事なことや

妊娠した際に役立ったこと等を、
自分の経験等から

お伝えして行けたら、と思います。

妊娠・妊活

このページの先頭へ