不妊

冷えが良くない理由は?妊娠や不妊に影響あり?


妊活中の方・妊娠中の方は冷えが禁物です。

冷えが不妊を引き起こしてしまうこともあるのです。

ここでは、冷えに悩む方が

冷えを改善するための方法をいくつか挙げていきます。

 

冷えが良くない理由 不妊と冷え

身体を冷やさないことが大事

体の中でとくに冷えやすいのが

くびれているところ!



くびれている部分は,

首・手首・腰・足首など。

これらは血管や神経が集まって束になる場所なのです。

 

くびれていない部分は表面積が大きいので

血管も広がっていますが,

くびれの部分は細いぶん、

血流が悪くなりやすいのです。

 

手足の先まで十分な血液が送られなくなり、冷える女性は多いですよね。



つまり、首もとや手首、足首、腰など、

くびれている部位を温めるようにすれば

冷えを防ぎやすくなるのです。

とくに
首の後ろには、

寒暖を感じるセンサーと似た働きがあり,


首もとが冷えると「寒い」センサーがオンになるので、

体が温まるまでに時間がかかってしまいます。


実は、

冷え予防に季節は関係ありません。

 

冬場は誰もが防寒対策します

夏場でも冷房のきいた部屋ではスカーフを巻いたり、

カーディガンを羽織ったり、

靴下を履くなどの方法が必要です。

 

夏場に素足で外出する女性は多くいるのですが、

これは冷えを招くだけではなく、

「子宮力」を低下させ、

不妊の原因にもつながることがあるので注意が必要!

 

子宮力とは?

↓ ↓ ↓

子宮力アップのメリットとは?高めるとどうなる?

身体温めるにはシャワーではなくお風呂に浸かる

忙しいとお風呂に浸かるのも面倒になりますよね。

ついシャワーですませがちになります。

 

しかし 入浴は体をキレイにするだけでなく、

体を温めることにも効果的なのです。


ゆっくりお湯に浸かると 心身が開放された気分になりますよね。



するとどうでしょう。

副交感神経が働いて血管が広がり

血流がよくなるのです!

 

疲れがとれ,リラックス効果も得られます。

また,
お湯の中では水圧がかかるので,足のむくみも解消します。

冷えやストレスを感じたら、

お風呂に入りましょう!



おへその辺りをしっかりと温める


おへそはちょうど体の真ん中。

上半身にも下半身にも熱が行きます。

 

また、おへそを温めることで熱が効率よく

骨盤内に伝わり 血流がよくなります。

 

入浴のタイミング


入浴はタイミングも大切。

寝る時間よりも早く入り過ぎると,

せっかくのぽかぽか感がなくなってしまいます。

 

今度は寝る直前だと

体がほてって寝つきが悪くなることも。

 

そこで、睡眠の1時間位前に入るのがベストです。

お湯は,自分が気持ちよく感じる温度でOK。

 

あまりに熱いと感じるのは体にとってストレスとなり、

神経が高ぶるので逆効果になってしまいます><

 

冷水でなく白湯(さゆ)を飲む

 急に冷たい水を飲むと、

体の中を水がすーっと通る感覚を

味わったことがあると思います。

 

それくらい、

冷水はダイレクト に胃を冷やします。

胃が冷えると、

小腸・大腸・子宮と周辺の臓器まで冷えてしまいます。

 

内臓は血液を集中させて温めることで活動しています。

そのため 一気に温度が下がると

機能も低下します。

更に消化不良や新陳代謝の低下を引き起こします。


体に優しい飲

「白湯」(さゆ)を少量ずつ飲むこと。

温度は体温くらいの35 ~40度がベストです。

 

やっぱり運動!

時間に追われていると徒歩より電車。

電車よりタクシー。

と、速くて便利な移動手段をとりがちです。

 

 ですが、

これではエネルギーをつくる筋肉が衰えてしまうのです。

 

体が動いている時は、

筋肉も使っているので血流は良くなります。

冷えには運動が効果的なのは

間違いありません。

だからといって「運動しなきゃ!」と意気込みすぎると

それもストレスになるので、

日常生活の中で少し動きを加えるようにしてみます。

 

お手軽なのは「歩く」こと。

脚だけでなく、腹筋や背筋も鍛えられるので、

体温も上がりやすくなるのです。

 

関連記事:

不妊の原因が不明!?解決策は意外な所にあった!

 

冷え性にも効果のある、おすすめのサプリメント

↓ ↓ ↓

【SAZUKARU】サプリは妊活に効果あり?口コミは?