美活

顔汗をかかない方法!顔汗を抑えて【自信】を取り戻そう!


顔汗は厄介です(*_*;

 

顔汗が出る

化粧崩れ、臭いが気になる

落ち着かず緊張する

更に汗が出る!

 

という、

こんな悪循環に陥ってしまうのです。

これは何もせずとも

改善するものではないので、

何か対策を打たないと

残念ながら改善しないのです。

 

関連記事:

顔汗を治したい!テカリも激減させた制汗剤・クリームとは?【衝撃】

 

顔汗をかかない方法!顔汗を抑えよう

顔汗を止める方法、

実はあります。

 

その方法とは、

『胸から脇の間にをきつく締める』

というもの。

 

一番いいのは

胸から脇の間に”さらし”をきつく巻いておくこと。

 

しかし、

さらしは日常生活ではあまり馴染みのないものです。

 

それに、

ただでさえ暑い季節。

それなのに服の下にさらしを巻くなんて、

余計に汗が出てしまいそうですよね。

 

なぜ、きつく締めると

汗は止まるのでしょうか?

 

胸にさらしを巻くと顔汗が止まる理由

さらしを巻いて顔汗が止まる理由。

 

それは、

皮膚圧反射(ひふあつはんしゃ)と

半側発汗(はんそくはっかん)

という体の仕組みが

関係していたのです。

 

皮膚圧反射

身体のどこかが発汗しづらい場合、

その他の部分で

代わりに汗を出そうとする、

体の反射機能があるのです。

これが

皮膚圧反射(ひふあつはんしゃ)。

 

半側発汗

体の、左右・上下のどこかを圧迫すると、

圧迫された場所の汗が抑えられ、

その反対側に汗が出るのです。

これが

半側発汗(はんそくはっかん)。

 

顔汗をかかない仕組み

簡単に言うと、

身体をきつく締め付けると、

締め付けた部分の皮膚温度が下がり、

汗の量も少なくなります。

 

しかし

その他の皮膚の温度が上がり、

他の部分の発汗が増えます。

 

さらしの例で言うと、

さらし等で上半身を締め付けると、

上半身の温度が下がります。

 

すると、顔汗があまりでなくなるのです。

こんな体の構造があるのですね☆

 

芸者の高帯

 

実は昔から、

芸伎さんや舞妓さんは、

帯を胸の高い位置で結んで

顔の汗をかかないようにしているようです。

 

これは、「芸者の高帯」と呼び、

古くから、浸透している方法とのことです。

 

芸妓さん・舞妓さんはお化粧を濃くするので、

汗をかくわけにはいきません。

 

身体の一部を強く押すことにより、

 

その周辺の汗を止めるという

原理を使った汗対策です。

 

全身の汗を止めるわけではなく

代わりに背中や下半身に汗をかいているのですが。。

 

帯やさらしでなければダメ?

帯やさらしでなければダメか?というと

そうでもありません。

さらしでなくても

上半身を強く締め付ければ良いわけです

 

http://wakiga.nioi.me/maiko-hansokuhakkan/ より 引用

 

例えば、

ブラジャーをきつめに着けても効果があります。

 

私もこの方法、やってみました!(≧▽≦)

 

ブラジャーではしっかりと、

きつく締められないせいか

”少しも汗をかかない”というわけではありませんが、

顔汗は多少減らすことができました。

 

なので、顔汗に困っている方は

このやり方を試してみられると

良いと思います(^^)/

 

顔汗をかかない方法!顔汗を改善する方法

汗は人間の身体に必要なものなので、

誰でも必ず汗は出ます。

 

しかし、

部分的に汗を止めることは可能。

 

やり方は、

胸から脇の辺りをきつく締めるのです。

(ブラジャー・さらし・帯)

 

しかし、私もそうですが

締め付けると苦しくなってしまいますよね。。

個人的にはあまり好きではありません・・・(+_+)

 

締め付けて汗を出なくするなんて、

身体にとっては

良くない気がしてなりません( ;∀;)!

 

塗るだけで顔汗を止めるクリームがおすすめ!

おすすめなのは、

塗るだけで顔汗を止めるクリームを塗ること。

 

これなら、

苦しい思いをしなくても

化粧崩れをしないし

顔汗に対する不安をなくすことができます。

 

 

しかも、

脇汗・手汗の悩みも同時に解決出来てしまいます!

 

これはかなりおすすめできます。

 

顔汗が出ないと、自信を持って

人と接することができますよ^^

 

私が実際に付けてみたので

そちらもお読みください^^

 

↓ ↓ ↓

プレミアムデオヴィサージュの口コミ・レビュー!【画像あり】