妊娠線

妊婦さんの妊娠線予防はいつからいつまでする?


妊娠線とは、

妊娠してお腹が大きくなってくると

亀裂のような跡がお腹や胸、太もも、おしりなどに

現れる線のことを言います。

妊娠線

ストレッチマーク・肉割れとも呼ばれます。

妊娠線は一度できてしまうと、

簡単に消すことが難しいので、

予防がとても大切です。

 

ここでは、

妊娠線ができないよう、いつから予防を始めるべきなのか、

いつまですれば良いのか、

妊娠線の対策方法についてご紹介します。

 

妊婦さんの妊娠線予防はいつからいつまで?

妊娠線予防、いつから?

妊娠線ができるタイミングは、

個人によって差が大きいので一概には言えませんが

妊娠線ができた人の大半は

妊娠後期(8~10ヶ月)頃に

妊娠線が現れたと感じるようです。

 

妊娠後期は一気に赤ちゃんが成長し、

お腹の皮膚がますます引っ張られ

妊娠線ができてしまうのです

 

その他にも妊娠中期(5~7ヶ月)にできた人もいれば

少数ではありますが、

妊娠初期(0~4ヶ月)に出た

と言う人もいるのです。

中には、出産するまで一度も妊娠線が

出なかった人もいるのです。

 

 

 妊娠線予防を始めるタイミング

できやすい・できにくい体質というのもありますが

その体質というものは、

出産するまで分かりません。

しかし、

妊娠すると8割の方は妊娠線が出来てしまうので

 絶対に予防した方が良いというのは断言できます。

 

いつごろから妊娠線予防を行うと良いかは

体質などの影響が大きいので一概には言えませんが、

早い方が良いのは確かです

早い人は妊娠4ヶ月から出来たという方もるので、

お腹がまだ膨らむ前の、

妊娠2~3ヶ月頃から意欲的にケアするのがおススメ。

 

できるだけ早い段階で

妊娠線予防することが望ましいのですが、

初期の妊娠2~3ヶ月は、

つわりに悩む人も多いです。

 

なので毎日は難しく

体調が良いとき向いたときに

お風呂上り妊娠予防専用の保湿クリームで

軽くマッサージをしてみる位で構いません

 

ただ、ニオイが強いものだと、

塗るだけで余計に気持ちが悪くなってしまうので

クリーム選びは重要です。

 

よく、ニベアのクリームが良いとか、

持ってる保湿クリームで代用しようとか

お考えになる方は多いのですが

基本的にはおすすめしません。

 

その理由はこちら。

↓ ↓ ↓

ニベアのクリームは妊娠線予防にやめて!【本音の口コミ】

 

やはり、餅は餅屋。なのですね。

 

妊娠線予防用のクリーム選び

妊娠初期お腹まだ大きくないので

急に妊娠生じるということはありませんが

妊娠初期の段階から皮膚うるおいを与えて

柔軟性のある状態にしておくと

予防効果的です

妊娠線予防

妊娠線予防の専用のクリームで

しっかり保湿をすることが、

予防のためには重要です。

 

妊娠線が出来る原因は二つ。

①赤ちゃんが大きくなるにつれ

お腹などの皮膚が引っ張られ、

急激に伸びることによりできる。

 

②妊婦さんの体重が増える、

皮下脂肪が増えることで

皮膚が伸びてしまい、できる。

 

お尻や足などにできる妊娠線は②に当たります。

お腹が大きくなる、体重が増えることは

絶対に避けられないので、

その伸びに対応するために早い段階から

潤った柔らかい皮膚に

しておくことが重要なのです。

 

妊娠線予防、いつまで?

妊娠線は一夜にして出来る場合があるので

出産するまでは毎日ケアしましょう。

臨月まで妊娠線が出なくても、

一日塗らなかっただけで出来てしまった!

なんてこともありますので 気を抜かずに、

出産までは毎日頑張ってケアしましょう。

 

 体重を増やしすぎない!

妊娠すると体重の増加はやむを得ないです。

ですが、

病院で指導されている体重を超えてしまうと、

妊娠線が出来やすいので注意。

 

妊娠前とは違い、

少し食べただけで体重はすぐに増加しますし

その分、体全体が大きくなり、

皮膚も大幅に伸びることになります。

妊婦さん マタニティ

なので、

妊婦さんの体重増加は注意が必要なのです。

ですが、妊婦さんのダイエットは赤ちゃんに悪影響も。

食事制限はやりすぎに注意が必要です。

 

保湿クリームを塗る

妊娠線予防には、皮膚の保湿が最も大切!

ですが、そこで必ず必要なのが

妊娠線予防の為の保湿クリームです。

 

 

妊娠後期は、より一層お腹が大きくなります。

妊婦さんにとってはちょっとした動きもつらいですし、

自分のおへそも見えないという体型になります。

 

なので、見えない下腹部は、

ずばり妊娠線が一番でやすいのです。

 

見えない部分こそ、念入りに保湿しましょう。

旦那さんに塗ってもらえる方は、

お願いしましょう。

 

おすすめのクリームはこちら

↓ ↓ ↓

AFCのマタニティクリームは妊娠線が出来ない?使った口コミ!画像アリ

 

妊娠線予防のクリームの塗り方

クリームの塗り方は簡単!

お風呂上りに毎日、

しっかりとクリームを塗りこみます。

妊娠線予防クリーム マタニティクリーム

お風呂上りに塗るのは基本で、

その他にも

「乾燥してきたな」と思ったら

何度でも塗ります。

 

クリームは「マッサージをすること」が

目的なのではなく、 あくまで保湿です。

「毎日こまめに保湿」しましょう。

 

お腹だけでなく 太ももやおしり、

おっぱいにも塗った方が良いです。

お腹以外の太もも、おしりなどはケアを

忘れがちですが、予想できるところは 全てに

たっぷりと塗りましょう(^^♪

 

おすすめのクリーム

私がおすすめなのは、AFCのマタニティクリーム。

私が2度、妊娠したときにこのクリームを使ったのですが

妊娠線が1つも出来なかったのです!

このクリームの良い所は

香料・着色料・鉱物油が 無添加なところ。

つわり中も気持ち悪くなく、アロマの心地よいにおいでした^^

 

市販のクリームとの違う点は

保湿だけでなく、

肌の柔軟を保つ

・妊娠線を予防

・肌を補修する

という効果が期待できる点です。

 

妊娠線が出来ないために、

直接肌に働きかけてくれるのです。

 

このクリームについて、

私の実際のお腹の画像と共に(笑)

書いていますのでよろしければご覧ください^^

↓ ↓ ↓

AFCのマタニティクリームは妊娠線が出来ない?使った口コミ!画像アリ