妊活

どうしても女の子が欲しい!高確率で産み分けを成功させる方法は?


産み分けは、迷信などではなく

理論を理解すれば成功できる可能性があります。

 

どうしても女の子が欲しい方に、

女の子の産み分けを成功させる秘訣をお伝えします!

 

女の子の産み分けを成功させる方法

女の子を望むなら、

効果的な条件を用意するようにします。

 

受精前に子宮が”酸性”になると、

女の子が出来やすいと言われています。

 

それを踏まえ、

ここでは子宮を酸性にするための方法を

書いていきます。

 

子宮を酸性にする方法

酸性にするためには、排卵日ではなく

排卵の2日前にセックスをするのが良いです。

 

排卵日は、酸性薄れるのです。

なので、

性交をするのは

酸性が優勢に続いている、

排卵日の2日前に性交するのが理想です。

 

ですが、

排卵日2日前を予想すると言うのは

とても難しいのです。

 

まずはストレスを少なくし、

規則正しい生活を行います。

その次に月経周期を一定にし、

排卵日を予想しやすい身体に調節しましょう。

 

そして、

・基礎体温

・頸管粘液の状況

・排卵検査薬

という情報をもとに排卵日2日前を特定しやすくなります。

 

ただ、

市販の排卵検査薬は24時間以内に排卵される

見込みを調べるもので、

排卵2日前を推定するわけにいきません。

 

より精密な排卵検査薬は、

産み分け指導を行う産婦人科で購入出来ます。

その他にも産婦人科では、

エコー検査や、血中のホルモン量を測定するなど、

専門的な診断をしてくれます。

 

行為について

精液が濃いと女の子が生まれる確率が下がるので

3日に1回~1週間に1回は

射精するのが有利と言われています。

 

また、女性が感じると、

アルカリ性の粘液が分泌されてしまうので、

酸性を保てません。

行為はあっさりと!

 

女性がそれほど感じないような、

刺激が少ない・短い時間の行為が良いのです。

 

ピンクゼリーを活用する!

一番おすすめなのが、

ピンクゼリーの使用です。

ピンクゼリーなら、産婦人科に通わなくても

ネットで簡単に購入出来ます。

 

ピンクゼリーは

膣内を酸性にキープします。

このピンクゼリーを使うことで

8割の確率で

女の子が出来ると言われています。

 

原料は人体と同じものや、身体に優しいものばかりなので

安心して使えますし、副作用もありません。

 

詳しいレビュー記事はこちら

↓ ↓ ↓

ピンクゼリーは産み分けに効果的?成功の確率は?【口コミあり】